まだ見ぬ世界へ

突然、声優沼落ちしました。

最遊記朗読劇〜Nothing to give〜 @松戸森のホール21

最遊記朗読劇〜Nothing to give〜」昼公演を見に行ってきました。

f:id:thunderbreath1:20210918145459j:plain

最遊記は長く連載されていてとても人気のある作品ですが、私は申し訳ないくらい、にわかファンです・・・。この公演があると知ってから、最遊記を見始めました(._.)
この公演に行きたいと思ったのは、ただただ石田彰様が見たいという一心です。

今回の席は3階席とステージからは遠かったですが、そこに関さん、保志さん、平田さん、石田さんの三蔵一行がいるだけで感動でした(´;ω;`)

彰様は眼鏡姿。うわぁぁぁ、ステキ( ;∀;)
緑色のポケットチーフを身につけていらっしゃいましたよ。

迫力の朗読劇、生で見れて幸せでした。
超ベテラン声優さん達ということもあるでしょうが、アクションシーンの殴り殴られる声が本当に凄かったです。事も無げに演じられてるように見えましたが、普通できないですよね。

アフタートークは一気に雰囲気が変わってリラックスモード。保志さんの仕切りに3人が楽しそうに突っ込んでました。

あとは関さんと平田さんが、「皆さん傘持ってきましたか?外はゲリラ豪雨ですよ?」と言い出したり。
本当に外が雨なのかと思いましたが「浪川くんが噛みませんでした!」とのことでした。
ガッツポーズで応える浪川さん。

浪川さんは「緊張しますよ!!楽屋にこの人達いるんですよ!?新人だったら・・・(緊張で楽屋に入れない)」と三蔵一行の迫力の凄さを訴えてました(*´∇`*)

最後の挨拶では、客前で演じられたことへの感謝を皆さんが述べられてました。平田さんは「スタジオばっかりだと心が病んじゃう」みたいなことも言っていて、この方たちは本当に役者さんなんだなと思いました。人前で演じてこそなんですね。

この前「マーズレッド」のイベント配信を見たときも思ったんですけど、石田さんって本当に深々とお辞儀をするなぁと。
今日も深く長くお辞儀されてて、さらに袖に下がる間際にもう一度客席にお辞儀されてました。
プロとしての姿勢というか、矜持みたいなものを感じてしまいます。

本当に・・・、彰様のそういうところ大好きです(*´-`)

平田さんが舞台の写真をあげて下さってました!

彰様めちゃめちゃ可愛いんですけど?!
その傾きはやっちゃダメなやつです!!
呼吸止まるぜ・・・。

さらにツーショットも。



心が落ち着いたら、夜の部は配信を購入して見るつもりです。