劇場版 呪術廻戦 0

映画・呪術廻戦を見に行ってきました。
良い音で見たいので(良い音でボイスを味わいたいので)IMAXで見ました!

jujutsukaisen-movie.jp

2時間の映画があっという間、本当に、、、すごく良かったと思います。

この映画の主人公、乙骨裕太役は緒方恵美さん。配役を知ったときから感じてましたがピッタリだと思います。
2時間という短い時間なのに乙骨が成長していく様がすごいです。最初のオドオドした乙骨くんはどこに?っていうくらい、終盤はたくましくてカッコいい。

緒方さんはインタビューで「最後の方では、夏油 傑に『女誑しめ』と言われるくらいの人になっています。そのようなことを言われる人は、素地が元々あったはず…。そこへ自然にいける人格の人はどういう人だったのか?と役作りで悩みました」と言っていて、こんなベテランでも悩むのね、、と思いましたよ。


”失礼だな、純愛だよ。”

すごい破壊力です(;´∀`)
でも私はこれよりも撃ち抜かれたセリフがありまして。

”その人は僕の恩人だ。
蝶よりも花よりも丁重に扱え。”

この乙骨ボイス、、撃ち抜かれました。

漫画を読んだときはそれほどドキドキは感じなかったんですが。

これって普通言わないですよね?

「傷つけるな」でも良かったはずなのに、まるで姫君に対するような言葉。乙骨裕太にはこれが自然と出来てしまう。

私が夏油傑でも「女誑しめ」って言っちゃうかな(;´∀`)

ナチュラルボーン誑し。

緒方さんは役作りに苦労されたのでしょうが、さすがの仕上がりでした。

声優になりたい若い子はたくさんいると思いますけど、このベテランを越えなきゃ役を掴めない訳ですよね。狭き門すぎるな・・・。
f:id:thunderbreath1:20220116222806j:plain

アクションシーンも凄かったし、中村五条&櫻井夏油を筆頭に充分すぎるほどイケボも堪能出来ました。
もう1回くらい見に行きたいです(*´-`)